HOME>イチオシ情報>活用できる受験方法やその為に必要な事前準備

入学試験の形態が多いので早期に情報収集を

整体師

柔道整復師は国家資格であり、資格を取得しなければ名乗って働く事ができません。取得には養成機関で3年以上学ぶ必要があり、専門学校は3年間みっちり学べて、資格取得へのサポート体制も強い養成機関です。専門学校に入学する為には高校卒業以上の学歴が必要です。試験がありますが、学校毎に形式が異なりますので希望学校の受験科目はあらかじめ調べておく必要があります。現在は一般教養を問う試験以外にも多くの試験があり、中には面接と小論文のみの専門学校もあります。試験を受ける方の対象区分によって試験日は変わるので、こちらも確認が必要です。一般試験以外に医療人推薦や社会人、AO入試と早く7月から試験が開始されますので、出願も6月中と早いです。自身が受ける形態によって試験日が異なりますので、資料の取り寄せや学校見学は受験する年でなくても早期に行う事が重要です。資料取り寄せや学校見学すると願書や入学検定料等の説明も同封されています。

一般試験以外の入試方法の特徴

脚の治療

柔道整復師の専門学校入学検定には、一般試験だけでなく様々な形態があります。特に医療人推薦とAO入試は特殊なので、知っておく事で臨む学校に入学しやすくなるでしょう。医療人推薦入試は、自身が医療系の資格を有している事と、柔道整復師か鍼灸師から推薦されるというこの2つが出願資格です。奨学金もあり検定試験は面接のみがほとんどです。もう1つが現在多くの学校でも行われているAO入試で、書類選考と面接で合否が決まります。AO入試ではその学校が求める人物であるかを評価する試験で、その学校を専願している事やオープンキャンパスに参加している事が要件です。何よりもその学校のポリシーの理解や、その学校にどうしても入りたい熱意がある事が基本になります。AO入試でも奨学金があり、活用する事で費用負担軽減に繋がります。この様に試験と言えども、現在は多くの形態が用意されています。

広告募集中